旧制第二高等学校片平丁校舎


現況


現在の東北大学片平キャンパス正門。明治20年に仙台に第二高等中学校が設置され、明治27年の高等学校令公布に伴い第二高等学校と改称された。大正14年に敷地と建物を東北帝大に譲って北六番丁に移転するまでを「片平丁時代」と呼ぶ。この正門は大正14年に東北帝大正門として二高正門よりもやや北寄りに新設された。



現在の片平キャンパス案内図。

片平記念苑


当時の位置に復元されている旧二高正門。広瀬川の対岸に位置する伊達政宗公霊廟・瑞鳳殿に正対して建てられたといわれる。当時から門扉は無く、鉄鎖のみを渡した簡素なものだったらしい。



創立時に製作された姿のまま現在に至る正門柱。二高の移転に伴って正門柱も大正14年に北六番丁へ、昭和20年に三神峯へ移設され、閉校後は仙台市立博物館に保存された。昭和43年に現在地に再移設され、平成8年に創立110周年を記念して旧観に復元整備された。

校歌碑


昭和43年に建てられた、校歌「天は東北」(明治38年制作)の記念歌碑。背面の由来文に「二高六十三年に及ぶ歴史は、近代日本の激動と共にあったがその間に學んだ者は、總数一万二千五百餘名。蜂章のもと、雄大剛健の風を尊び、學業と修養とに勵んだ青春の思出は、各自の心底に深く刻まれて消えることはない」とある。

蜂章記念碑


創立110周年を記念して平成8年に建てられた蜂章記念碑。同窓会である二高尚志会会歌(明治36年制作)の一節が刻まれている。蜂章は「勤勉」を意味し、校章にも図案化され二高のシンボルとなった。校旗として蜂章旗も作製され、二高の魂として火災の際には最優先で持ち出す物とされたという。

由来碑


平成8年に設置された陶製の二高由来碑。「明治二十二年 片平丁のこの地に第二高等学校の木造校舎が完成 校地取得並びに校舎建設費は 仙台市民を中心とする宮城県民よりの浄財の醵金に依った 煉瓦造四基の角柱は 創立以来の本校正門で 鉄鎖をもって閉ざすも 生徒敢えてこれを跨ぐものなし」とある。左下に描かれているのは明治25年頃の配置図。

旧物理学教室


明治23年に建てられた旧二高物理学教室。三角屋根が特徴的で、現存する東北大最古の建物といわれる。現在は東北大職員集会所として使用されている。

旧物理実験室


現在の東北大本部事務棟。明治24年に建てられた旧二高物理実験室が基礎となっているが、昭和9年以降増改築が繰り返され、現在では二高当時の意匠は不明確となっている。

旧書庫


明治45年に建てられた旧二高書庫。由来標に「第二高等学校図書館書庫として建設されたが、第二高等学校の北六番丁移転により、東北帝国大学に移管された」とある。

旧校庭


旧校庭の在った位置は整備され、現在は緑豊かな前身諸学校記念苑となっている。



創立100周年を記念して昭和61年に建てられた、高ゲタ黒マントの二高生尚志像。台座に刻まれた「尚志」は孟子・盡心章句上の「曰何謂尚志。曰仁義而已矣」に由来する二高のモットー。



記念苑の一角にある由来板に「桜小路の南西にひろがる広場は旧制第二高等学校(第二高等中学校)の校庭で、当時はもっと広かった」と記されている。

おまけ


昭和54年に東北大医学部により建てられた仙臺医学専門学校跡碑。明治20年に第二高等中学校医学部が設置され、明治34年に分離独立して仙台医専となった。明治37年より魯迅が留学した事で知られている。仙台医専は後に東北帝大医学部となる。



大正13年に建てられた旧東北帝大附属図書館本館。昭和61年より東北大史料館として一般公開されており、2階の一角に実物の蜂章レリーフや「雄大剛健」の扁額等の二高関連資料が展示されている。



旧制第二高等学校北六番丁校舎

旧制第二高等学校三神峯校舎


旧制二高
もくじ